体重が増える時も減る時も、お腹の膨らみ具合が変化するという人は多いようです。それだけ、お腹周りは気になりやすく、ダイエットを始めるきっかけとなる場所です。お腹が出ているかや、太って見えるかは、体重だけではなく、筋肉量や、体脂肪率の影響を受けています。余分な脂肪がついておらず、きゅっとスリムになったお腹になれれば、夏でも好きな服を着ることができますので、ダイエットは大切です。腹筋の増強を促す運動をすることで、お腹の引き締めができます。腰をひねるエクササイズや、腹筋を刺激する筋トレを行うことで、お腹の筋肉を鍛え、周囲の脂肪の燃焼を促進することができます。腹囲が大きいとメタボリックシンドロームと診断される可能性が高くなりますので、皮下脂肪を溜め込まないようにしたいものです。ウォーキングやランニング、またはスイミングなどの有酸素運動でも、お腹周りを引き締め、ダイエット効果が期待できます。お腹のシェイプアップを達成するにはしばらく時間がかかりますが、根気よく続けていきたいものです。二の腕や下半身を引き締めたり、お腹まわりへこませたりと、体型を改善するダイエットをすることが、体にとっても有益なことです。お腹まわりが引き締まれば、体のラインを誤魔化さずに済むような服を選ぶことができるようになりますので、服選びの楽しみも増します。お腹をスリムにすることができるダイエットを頑張っている人も多いようです。